10月31日(木) Ayako Kawai × Toshitaka Shibata Live

ハロウィン当日。

きっと街は仮装をした人たちで賑わっているかと思います。

そんな喧騒を離れ、素敵な歌を聴きながらゆっくりとグラスを傾けるような、少し落ち着いた時間を提供致します。

ノスタルジックな気分を感じさせるAyako Kawaiさんの歌声と、美しい旋律を奏でる柴田敏孝さんのピアノを聴きながら、大人なハロウィンの夜をお楽しみください。

 

【日時】

2019/10/31(木)

Open 19:00

Live 20:00

 

【チケット】

予約3,000

当日 ¥3,500

+1オーダー)

 

【出演アーティスト】

Ayako Kawaivo

Toshitaka Shibata(key

 

【ご予約】

ご予約は下記の「ご予約」先のフォームにて受け付けております。

なお、本フォームにて受付後、後日予約確定のメールを送付させていただきます。

 

ご予約

アーティストプロフィール

Ayako Kawai

1992年9月24日アメリカ・メリーランド州生まれ。小学校3年間をアメリカで過ごす。

日本とアメリカという二つの故郷を持ち、様々な文化から得た独特の表現力を持ブルース・ソウルシンガー。

21歳には単身でニューヨークへ渡り、プライベートボーカルレッスンを受け、現地のオープンマイク等に参加。

アーティストのバックコーラスシンガーとしての活動や、CMなどの歌唱・歌詞提供などの他にも、

ソロアーティストとしては初めての作品「ほんのちょっと、唄うわ。」を完全自主制作で2018年3月にリリース。

柴田敏孝(Toshitaka Shibata)

1983年11月2日 北海道岩内町生まれ。

3歳から電子オルガンを弾き始め、5歳でピアノに転向。

小学校高学年の頃から父親とその仲間によるセッションにも加わるようになり、ブルースやジャズを体感する。

東京都内音楽大学付属高校に進学のため、単身上京し、在学中より演奏活動を開始。

自己のトリオで演奏している所をドラマーの村上”ポンタ”秀一に認められ、20歳で新メンバーで結成されたNEW PONTA BOXに参加し、アルバムリリース、ツアーを行う。

それと同時に彼の勧めでアーティスト名を「柴田敏弥」に変えて活動を開始した。

一方でジャズヴォーカリスト&フリューゲルホーン奏者のTOKUのレギュラーバンドや民謡歌手の伊藤多喜雄のバンドにも参加し活動の幅を広げる。

The Gospellersのメンバーである北山陽一のソロプロジェクトではバンドマスターを務める。

クラブミュージックシーンでは20歳の頃よりCalmのバンドで活動。

数枚のアルバムに参加し、現在もリリースツアーには毎年参加している。

NY在住ギタリスト西藤大信が毎年夏に行う全国ツアーでは、来日しているNYのミュージシャンに混じり演奏、好評を博している。

2010年夏、無期限の休業を宣言した大黒摩季の休業前のツアーに参加し、重要な役目を果たした。

さらに2010年12月にはジャズシンガーakikoの『The Best Release Tour』でバンドマスターを務める他、J-POPSのレコーディング、ライブサポート等、さまざまなジャンルやバンドで活動中。

2011年よりアーティスト名を本名の「柴田敏孝」に戻す事を決意し、現在に至る。