10月15日(火) Hanah Spring × Yukihiro Atsumi LIVE

京都より素晴らしいアーティストをお迎えします。

渥美幸裕さんのギターと、Hanah Springさんの歌声の奏でる至高のアコースティックな時間をお過ごしください。

 

【日時】

2019/10/15(火)

Open 19:00 / Start 20:00

 

【チケット】

予約3,000

当日 ¥3,500

+1オーダー)

 

【出演アーティスト】

Hanah Springvo,gt

渥美 幸裕(gt

 

【ご予約】

ご予約は下記の「ご予約」先のフォームにて受け付けております。

なお、本フォームにて受付後、後日予約確定のメールを送付させていただきます。

 

ご予約

アーティストプロフィール

Hanah Spring(ハナスプリング)

川崎出身。ジャズミュージシャンの両親と5人兄弟で育ち音楽が大好きになる。

Erykah Badu, The Roots, Musiq等来日公演でのオープニングアクト、 深夜のJ-WAVE, SHIBUYA FMのパーソナリティーとして弾き語りも話題に。

自身の活動と平行しMISIAのツアー、レコーディングコーラスを経験しながらLeon Ware, DJ MURO, 吉田サトシ等と制作したオリジナルアルバム[Handmade Soul] DJ Hazimeを迎え [Dreamin’]発表。FUJI ROCK FESTIVAL ‘18出演。現在新譜を制作中。

渥美幸裕

作曲家、ギタリスト、音楽教育、空間音設計

2003年、ジャズやスタジオミュージシャンとして活動開始。2012年より日本伝統音楽研究のため京都へ。比叡山麓に在る古民家の蔵をスタジオに江戸以前の制作環境や背景を探る。2016年、伝統邦楽が持つ魅力を西洋楽器であるギターというフィルターを通して全世界へ普及、伝承するプロジェクト『邦楽2.0』の活動を開始。

作品第1段「Japanese Guitar Song Book」を発表。奈良、江戸時代の邦楽をギター1本で表現。和楽器奏者らと邦楽の魅力を新たなアレンジで紹介するライブイベント「邦楽2.0研究会」を主催。貴船神社へ新邦楽曲奉納。奈良吉野金峰山蔵王堂、京都三千院での声明アレンジ。清水寺、貴船神社で邦楽2.0映像作品制作。人形浄瑠璃文楽座、祇園宮川町の芸鼓、八坂神社雅楽奏者、津軽三味線小山流と共演。

2018年、作品第2段「NIPPON NOTE 2.0」発表。平行してタップダンス、パーカッション、ギターのトリオ「Conguero Tres Hoofers」での国内外ツアー、忌野清志郎バンドのメンバーとのポップユニット「サイコービジョンズ」で活動。

また、音楽教育として保育園等で音楽を共に創る体験を伝える「おとあそびワーク」を実施。空間の目的を最適化する音の役割へも注目し「Sonic Architecture」事業を展開。

木屋町のホテル”Bijuu”、ヴィーガンレストラン”浮島ガーデン京都”等へ実装。音の可能性を最大限活かした活動で世界平和文化交流に取組む。