9月7日(土) シタール×エレキピアノ in neonera

エレキピアノの優しい音色に包まれる中、聞こえてくるシタールの繊細な響き。
即興で繰り広げられるその音楽が、未知なる世界へと誘います。

neoneraのコンセプトでもある、"五感を揺さぶる空間で、心に刻まれる音楽を"、是非体験してください。

 

【日付】
2019/9/7(土)
オープン 17:00 /スタート 18:00

 

【チャージ】
事前 ¥3,500-
当日 ¥3,800-
(+1オーダー)

 

【アーティスト】
加藤 貞寿(シタール)
JOHN NAKAYAMA(エレキピアノ)
 

【ご予約】

ご予約は下記の「ご予約」先のフォームにて受け付けております。

本フォームにて受付後、後日予約確定のメールを送付させていただきます。

ご予約

 

アーティストプロフィール

加藤 貞寿(かとう ていじゅ)

1971年、東京生まれ。 幼少よりクラシックピアノを始める。 その後、即興音楽に興味を持ち始め、独学で様々な音楽を研究。 20歳、高校時代の恩師にインド行きを勧められ渡印。 インド旅行中に、シタール界の至宝 モニラル・ナグ氏と出逢い、弟子入り。 インド・コルカタにて、長年に渡りシタールの厳しい訓練を受ける。 29歳、ナグ氏より演奏活動及び指導の許可を得て帰国。 インド音楽ユニット「瞑想図」その他、様々なジャンルのミュージシャンや ヨガとのコラボレーション、TVCMやドラマ音楽等にも携わる。 2019年4月、T-TOC RECORDSより、 世界初のハイレゾ-MQAによるアルバム「SITAR」をリリース。

東京にてシタール教室主宰 日本シタール協会 理事長

http://www.sitar-teiju.com/

 JOHN NAKAYAMA

2014年、JAZZピアニストとして初のリードアルバム John Nakayama Trio「JNT」をリリース。 2016年、John Nakayama Trio 2nd アルバム 「Forest of Darkness」をリリース。 2度にわたる台湾ツアーを成功させ、jazz Life誌でも取り上げられ好評を得た。 また、キーボードプレイヤーとして、 数々のミュージシャンのLIVEサポートやレコーディングにも参加。 2019年、加藤貞寿のアルバム「SITAR」に参加。 シタールとぴったり息のあった独創的なセッションを繰り広げ、 高い評価を受ける。 

即興で繰り広げられるその音楽が、未知なる世界へと誘います。 エレキピアノの優しい音色に包まれる中、聞こえてくるシタールの繊細な響き。 

JNT Records代表

https://hidetojohnnakayama.wixsite.com/jnt-records